スポンサーリンク

気になるSQクルーライフ!シンガポール航空の日本人CAについて

CA生活
スポンサーリンク

今回は【シンガポール航空の日本人CA】についてです。

SQはお客様からもCA志望者からも人気のエアラインですよね!

実際に高品質なサービスで数々の賞を受賞しており、中でも英国Skytrax社の5スターを獲得、2014年から6年連続ベスト3入りを果たしています。

また美しいサロンケバヤの制服に憧れている方も多いのではないでしょうか?

CA志望者の方からSQに関する質問もいくつか頂いていましたので、今回はSQのクルーライフについて色々と紹介していきます!

会社について

シンガポール航空(SQ)、ベースはもちろんシンガポールです。

アライアンスはANAと同じスターアライアンスに加入しています。

日本人クルーは契約社員扱いで、5年契約になります。

就航地

世界30カ国以上(アジア、オセアニア、北米、ヨーロッパ、南アフリカ)に就航しています。

会社自体の就航地は世界中にありますが、日本人クルーは日本線(羽田、成田、関西、中部、福岡) 、または成田経由のアメリカ線(ロサンゼルス)に乗務することがほとんどです。

日本人だとなかなか他の国に飛ぶことはできないので、世界中飛び回りたいと考えている方は注意してください!

スケジュール

フライトスケジュールは2ヶ月先まで分かるそうです。

予定が立てやすくて良いですよね!

フライト時間は月80-100時間ほどでほぼ日本線の乗務になります。(スタンバイやスケジュール変更で日帰り便や他の就航地にも飛ぶ場合も有り。)

1便に乗務している日本人クルーは2-3人程度だそうです。

働く側として考えると、シンガポールと日本の時差は1時間ですので時差による影響は受けませんし、飛行時間も約6-7時間なので短すぎず長すぎずいい距離感だと思います。

日本線ではフライト3日拘束→OFF1日というサイクルが続くそうです。

他社に比べてスケジュールは規則的な方だと思います。

日本線のフライトが主になりますが、スケジュールも事前に把握しやすいので、SIA(SQ,Silk Air, Scoot)の福利厚生を利用して世界中に旅行することは可能ですね!(航空券の優待についての記事はこちらから→CAの特権?!航空券はタダ?気になる航空券の優遇について

トレーニング

トレーニング期間は約4ヶ月(15週間)と世界中の航空会社の中で最長です!

保安訓練、応急手当、サービス訓練になります。(訓練の内容についてはこちらから→CAの訓練って何をするの?入社後の過酷なトレーニングについて① / CAの訓練って何をするの?入社後の過酷なトレーニングについて②

SQに限ったことではないですが、外資系の訓練はかなり厳しいです。

英語力が足りず授業についていけなかったり、肌荒れが悪化してしまい帰国させられた方もいらしゃるそうです。

グルーミング

訓練初期に行われるグルーミングの授業では、メイクや髪型もきっちり指導されます。

グルーミング指導はかなり厳しく、ショートボブや髪のお団子の高さや大きさにも規定がありますし、個々に似合うアイシャドウの色まで指定されます。

ネイルは赤で統一、サロンケバヤの制服は一人一人体型に合わせてオーダーメイドで作って頂けます。

動画を参考にしてみてください。

タイトルからして厳しいですが、あの統一美が生まれるのも納得です!

社風

外資系でも特にアジア圏では上下関係が厳しいところもあります。

SQも例外ではなく、元SQの同僚に伺った話によると日系寄りな体制があると感じました。

 

いかがでしたか?

今回はSQのクルーライフについてシェアしてみました。

私も空港やトレーニングセンターでよくすれ違いますが、SQのクルーは気品があり本当に素敵です。

トレーニング期間も長い分、一人一人しっかり教育されているという印象も受けます。

最後に私が大好きなSQの安全のビデオを紹介します!

エアライン受験は厳しい状況が続きそうですが、モチベーションを上げて頑張ってくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました