スポンサーリンク

CAが実際に機内で体験しているお客様の困った行動

CA生活
スポンサーリンク

今回は実際に働いていて【乗客の困った行動】についてシェアしたいと思います。

この記事を読んで、私たちCAに協力的になってくれるお客様が増えたらとても助かります!

搭乗してすぐに座席変更を頼んでくる乗客

お客様の中には搭乗してすぐに座席の変更を依頼してくる方が時々いらっしゃいます。

・家族と離れてしまった
・窓側に変更したい
・最前列で足を伸ばしたい
・真ん中の席は窮屈で嫌だ

などなど…満席のフライトではお客様全員のご希望に沿うことはできません。

また空席がみられるフライトでも機体の重量バランスを保っているためむやみに座席の移動はできません。

機内で直接CAに頼むのではなく、搭乗する前のチェックインカウンターでご相談くださいね。

ルールを守らない乗客

飛行機に乗る際には、安全上の理由によりいくつかルールがあります。ですが絶対にいる注意を無視、拒否するお客様。

例えば

・シートベルトの着用を拒否する乗客
・離着陸直前や最中にトイレに行きたがる乗客
・シートベルト着用サイン点灯中に機内をうろつく乗客
・ゲートに着く前に通路に立って物入れから手荷物を取り出す乗客
・子供のシートベルト着用を拒む親
・離着陸時に電子機器類のスイッチを切らない、イヤホンやヘッドホンを外さない乗客

離着陸時になぜイヤホン、ヘッドホンの着用が許されないかというと緊急時にこちらの指示を聞き流してしまう可能性があるからです。

イヤホンを提供しているフルサービスでも安全のビデオや客室乗務員、パイロットによるアナウンスは音声、映像を中断して流れますよね。

もっとも飛行機事故の発生率が高いのは離着陸時です。

CAに注意された時は、皆さんの安全に関わる事なので素直に聞いてほしいです!

ボールペンを借りて返さない乗客

着陸前になると入国審査書を慌てて書き出すお客様。一人にペンを貸し出すと、私も私もと後を立たず、貸し出したペンが1人歩きして他のお客様の手元に… なんてこともよくあります。返して頂けずに今までに何本のペンが持ち帰られたことでしょう…
私たちも業務で使います!

是非、海外旅行の際にはボールペン1本ご持参ください。

これだからLCCは!と文句を言ってくる乗客

各航空会社にはそれぞれルールがあります。

これはLCCに限ったことかもしれませんが、「ドリンクサービスがないなんて知らなかった、特別に○○が欲しい」とお願いしてくるお客様。特別な理由がない限り、そのお客様にだけ提供することはできません。

有料だとご説明しても納得頂けず、「これだからLCCは!」とお怒り気味に言われても、こちらは謝ることしかできません。

そんなに文句があるならLCCではなく、フルサービスに乗ってください…と心の中で思ったことがあります。

 

いかがでしたか?

中でも安全に関する注意は素直に聞いて頂きたいと願います!

色々書いてしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました