スポンサーリンク

外資系CA受験者必見!英語の履歴書Resume, CVの書き方

CA受験
スポンサーリンク
今回は 【英語の履歴書の書き方】について紹介します。
 
外資系の航空会社に応募するには、英語の履歴書を作成する必要があります。
 
ですが英語の履歴書には日本の履歴書のようにフォーマットがないので、どうやって書いたらいいのか分からない方もいらっしゃると思いますので、1つずつ項目について説明していきます!
 

英語の履歴書の見本

まず履歴書は英語ではResumeCVと呼ばれます。
 
これは英語の履歴書の一例ですが、こんな感じでWordなどを使って作成していきます。

基本情報

まずは名前、住所、メールアドレス、携帯番号の入力。
 
顔写真も忘れずに!

Objectives

希望職種のことです。
 
シンプルにPosition as a cabin crew/ flight attendantでいいでしょう。

Work Experience

職務履歴になります。
 
正社員や契約社員、アルバイトなどの雇用形態は問われませんので、学生の方はアルバイトについて書いてください。
 
例はレストランでホールスタッフとして働いてる場合です。
 
ポジションや仕事内容をざっと説明しましょう。

Education

学歴です。
 
英語の履歴書では最新の学歴から書くので注意しましょう。

International Experience

海外経験がある方は是非書いてアピールしましょう!
 
留学の場合はEducationに含めても大丈夫です。

Certification

資格のことです。
 
TOEICのスコアもここに書きましょう!

Personal Data / Information

これはおまけみたいなものです。
 
すでにA4用紙いっぱいいっぱいでしたら書く必要はありません。
 
逆に少し空白が目立つようでしたら、個人情報を記入して空白を埋めるのも良いと思います。

References

Available upon requestで締めましょう!
 
最後にできる限りA4サイズに1ページ程度でまとめてみてくださいね!
 
 
いかがでしたか?
 
会社によっては基本情報のオンライン入力で済むところもありますが、オンライン入力に加えて履歴書の添付が必要なところが多いです。履歴書は1回ベースを作っておけばずっと使えますので必ず用意しましょう。
 
ここで紹介したものは一例に過ぎません。
 
ネットで調べても色々な書き方が出てくるようにこれといった正解はありません。
 
フォントやなど見た目にもこだわって、オリジナルの履歴書を書いてみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました