スポンサーリンク

シンガポールでのお家探しについて、シンガポールの住宅事情を説明

シンガポール生活
スポンサーリンク

今回は【シンガポールの住宅事情について】です。

シンガポールに就職が決まって、私がまず1番最初に思い浮かんだのが「お家探し」です。

住むところが決まらないと不安ですよね。

まず、シンガポールには日本のような1人暮らし向けの物件は少ないです。

そのため1人暮らしよりシェアハウスが主流となっています。

今回はシンガポールに単身移住する設定でお家探しをする際に知っておくべきことについて紹介していきたいと思います!

お部屋探しおすすめアプリ

シンガポールでお家探しに必須のアプリは「Property Guru」です。ダウンロードして探し始めてみましょう!

マンションの種類

シンガポールのマンションには2種類あります。

HDBとコンドミニアムです。

HDBとは?

HDBは公営住宅で、シンガポール人の大半はこのHDBに住んでいます。

次に紹介するコンドより古い印象がありますが、リノベーションされているお家も多く、探せば綺麗な物件もあります。

プールやジムなどの施設はなく、セキュリティ面もコンドよりは劣りますが(とは言えシンガポールは治安が良いので心配するほどではない)、直営のスーパーマーケットやフードコートもあり利便性は高いです。

コンドよりも価格は安くなります。

コンドミニアム

コンドミニアムは、高級マンションです。

省略して、「コンド」と言われています。

セキュリティは24時間ばっちり、施設管理も行き届いています。

プールやジム、bbqスペースやテニスコートもあります。

HDBより値段はやや割高です。

部屋のタイプ

お部屋のタイプも2種類あります。

コモンルーム

普通のワンルームです。

トイレ、シャワーのバスルームは同居人と共有になります。

マスタールーム

部屋の中にトイレとシャワーのバスルームが付いています。

また部屋自体もユニットの中で一番大きなお部屋になります。

バスルームを他人と共有するのが苦手な人にはこちらがおススメです。

家の借り方

ユニットでお家を借りる場合(Unit Rental)

例えば 2 Bed room, 2 Bath roomや3 Bed room, 2 Bath roomなどお家全体を借りることになります。

一緒に住む人がいる場合はユニットで借りた方が自由です。

フラットメイトを探す場合はFacebookでRoom Rental Singaporeというグループなどから探す事も可能です。

お部屋で探す場合(Room Rental)

コモンルームかマスタールームのレンタルになります。

その他リビング、キッチン、洗濯機などは同居人とシェアです。

同居人がどういう人なのかチェックしましょう!

家のオーナーによっては「料理してはいけない(light cookingのみ可)」、「友達を連れてきてはいけない」など決まりがありますので、そこもよく確認しましょう。

相場

立地や築年数によって差がありますが、コモンルームの相場は

HDBだと650-950ドル

コンドだと800-1200ドルくらいです。

マスタールームですとこれより割高になります。1人暮らし物件の多い日本と比べると国土が狭いシンガポールは家賃はやや高めです。

 

いかがでしたか?

交渉次第では、家賃を下げてもらうことも可能です。

家賃を少し下げてほしい、光熱費を込めていくらにしてほしい、価格はそのままでいいから家具をつけてほしいなど交渉の仕方はいろいろあります。

気の強いシンガポール人に屈せず、交渉すること(negociation)がとても大事です!

また個人的に、CAは不規則な生活の上、家を空けることも多いので1人で借りるよりかはシェアハウスするほうが断然おススメです。

一緒に暮らしていても同居人と会う時間がそれほど被りません。

現地採用でシンガポールに来る方にも参考にして頂けたらと思います。

シンガポールでの新生活、応援しています!

タイトルとURLをコピーしました