スポンサーリンク

旅行blog♡ ベトナム フーコック島・ホントム島の観光スポットとおすすめホテルの紹介

アジア
スポンサーリンク

今回は【ベトナムのフーコック島】についてです。

2月にベトナム南部に位置するビーチリゾートとして知られるフーコック島に行ってきました。

日本からもシンガポールからも直行便は出ていないので、ベトナム・マレーシア・タイで乗り継ぐ必要があります。

11〜3月がベストシーズンなので日本が冬の時に行くのがおすすめです。フーコックはタイやシンガポールのように湿気のジメジメした感じはなく、カラッとした過ごしやすい暑さでした。

フーコック島での移動手段は配車アプリ「grab」がおすすめです。英語が通じないこともあるのでの、タクシーに乗るよりグラブだとあらかじめ目的地と料金が分かるので安心です。一人で荷物が無い場合は 「grab bike」もオススメです!

それではフーコック島で回った観光スポットと最後におすすめのホテルを紹介していきます!

スターフィッシュビーチ

フーコック島の北部に位置し、ヒトデ(starfish )が見れるビーチです。市街地から約1時間かかり、途中から舗装されていない砂利道を通るのでかなり険しい道のりでした。バイクをレンタルして行きましたが、運転には注意が必要です。それでも白砂の綺麗なビーチに可愛いヒトデが見れて、行く価値は十分ありました!

こんなカラフルな階段もありました。インスタ映えします!

ディンカウ・ナイトマーケット

毎晩開催されているフーコック島で1番大きくて有名なナイトマーケットです。観光客よりローカルの人が多い印象で、夜中まで賑わっていました。

新鮮なシーフードや生春巻き、フレッシュフルーツジュースなどがベトナム価格で食べれます。ローカルな雰囲気が良かったです!

フォー

朝ご飯に食べたフォーが絶品でした!早朝からカフェやお店が開いています。写真を撮り忘れてしまいましたが、フランスパンに具材を挟んで頂くベトナムのサンドイッチ、バインミーも美味しかったです。

ケーブルカー

ギネスに登録されている世界最長の海上ケーブルカーに乗ってフーコック島からホントム島に行きました。40分ほどかかりますが、景色を見ているとあっという間に着きます。

無数のカラフルな漁船が海に浮いていて絶景です。ケーブルカーからでも海が透き通っているのが分かります!

トラオビーチ

ホントム島にもビーチがあります。砂はサラサラ、海は透き通っていてとても綺麗でした!タオルは持参しなければいけませんが、無料でシャワーやビーチベッド、写真の奥に見える水上遊具も利用できます。

アクアトピア

2020年1月にオープンしたばかりのウォーターパークです。
入場料は約1000円以下で、全てのプールとアトラクション乗り放題です。この時はコロナの影響もあったのか、園内はガラガラでアトラクションの待ち時間はどれも5分以下でした!日本なら炎天下の中1つのアトラクションに30分は並びますよね。まだ新しいこともあり、レビューも少なく不安でしたが、とても快適で楽しい時間を過ごせました。子供みたいにはしゃいでしまいました。笑 超おすすめの穴場スポットです!

JW Marriott Phu Quoc Emerald Bay Resort & Spa

フーコック島には、最高級のヴィラやホテルがあるので贅沢なホテルステイも楽しめます。
今回は泊まるホテルを毎日変えたのですが、こちらのJW Marriott Hotelは断トツ1位でオススメしたいホテルです!私史上、今まで泊まったホテルで一番良かったです!!!

このJWホテルは大学をコンセプトにしていて、レセプションは校長室、バーは科学室、スパはキノコ研究室というようにそれぞれの建物に学部などテーマがあり、置物など細部までやこだわっていて色んな発見があり面白かったです。ホテルマンのサービスも最高!ホテルそのもののこだわりにも感動しました!

こちらはリセプションです。ホテルに着いた瞬間、この豪華な空間に圧倒されました!ウェルカムドリンクにハイビスカスティーティーも出てきました。

お部屋はこんな感じです。エメラルドグリーンを基調としたお部屋で、可愛い!

バスルームにはバスタブもあります。ランプはランタンのようなベトナムらしさを感じます。

バルコニー付きです。目の前に広がるビーチは絶景です!

先ほどお部屋から見えたホテルのプライベートビーチです。サーフボード、カヤック、浮き輪など無料で貸し出しもあります。私はSUPを楽しみました!

ホテル内にプールも3カ所あります。見た感じほとんどの宿泊客は欧米系の方でした。皆さま、プールサイドでchillしておられました。

こちらはホテル内のバーです。こちらはピンクを基調とした可愛らしい空間で、科学(chemistry)をテーマにしてあり、フラスコや試験管など理科室をイメージした造りになっていました。

夜になるとホテル内にナイトマーケットが開かれます。実際に地元の方がホテルに来て売られています。ホテル側の厳しい衛生検査を受けられているようなので、外で食べるよりも衛生的にも安心です。ホテルは繁華街から少し離れたところにあるので、外出するのが面倒な方でもホテル内でローカルの雰囲気を味わえます。

お部屋から日の出も見れました。フーコック島に泊まる際は島の東側か西側なのかでサンセットか朝日か見えるものも変わってくるので注意が必要です!

以上です!

いかがでしたか?

日本ではまだあまり知られていないリゾート地だと思いますが、ベトナム最後の楽園と言われるくらい、手付かずの自然が残っていて行く価値十分にありです!

また世界で有名なホテルもたくさんあります。ホテル好きな方はゆったりとホテルステイもオススメです。ヨーロッパではフーコック島は有名なようで滞在中は特にロシア人をよく見かけました。是非、参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました